So-net無料ブログ作成
検索選択

武器使用基準、緩和検討を=PKO参加−岡田外相

 岡田克也外相は16日午後の参院外交防衛委員会で、国連平和維持活動(PKO)に自衛隊が参加する際の武器使用基準について「今の憲法の下でも、もう少し広げる余地はあるのではないか」と述べ、自己や他の要員の保護などに限定している現行基準の緩和を検討すべきだとの考えを示した。浜田昌良氏(公明)への答弁。 

基礎から臨床への「橋渡し研究」強化を―文科省作業部会

 文部科学省の「がん研究戦略作業部会」(主査=垣添忠生・国立がんセンター名誉総長)は3月16日、「がん研究の現状と今後のあり方について」と題する中間案を取りまとめた。案では、同省が支えてきたがんの基礎研究に一定の評価を示しつつも、臨床研究へのつなぎが不十分とし、基礎から臨床への「橋渡し研究」の早急な強化が課題だと強調している。医療介護で新規雇用約280万人―政府が新成長戦略の基本方針「がん早期発見に優先的に取り組む」−全国大会で長妻厚労相医療系の大学院教育検証で骨子案提示 作業部会は、文科省として総合的・戦略的にがん研究を推進するための今後の方策について検討するため昨年7月に設置され、これまで6回にわたって討論や若手研究者、患者支援者など各方面からのヒアリングを行った。 中間案では、文科省のがん研究についての現状認識として、「がんの基礎研究の質の高さと国際的な競争力については、維持し続けるべき」と、一定の評価を示している。しかし一方で、こうした基礎研究に基づいた技術開発や医療への応用は、欧米に大きく後れを取っていると強調。また、基礎研究支援に対する公的投資のあり方についても、日米間では格差が大きく、研究領域によっては中国シンガポールに追い越されていると指摘している。さらに、2004年度から他の研究領域とは別に予算枠が設けられ支援されてきた「がん特定領域研究」が、今年度で廃止となることから、「これまで求心力のあった(文科省管轄下の)研究チームが散逸してしまい、これまでのようながん研究に対する支援が十分に行われなくなる可能性がある」としている。 こうした現状を踏まえ、中間案では「多くの優れた基礎研究の成果を一刻も早く医療に応用する」ことが重要な任務であると強調。具体的には、▽大学等における臨床研究や橋渡し研究の充実▽国内外のがん研究動向調査・分析、政策提言等を通じて、研究方針の決定を推進するような組織の構築▽がん研究の若手臨床研究者によるネットワークの形成―などを挙げている。 作業部会では今後、各委員から寄せられた意見や指摘を基に文言の修正などを行い、今年6月をめどに最終案を取りまとめる方針。【関連記事】医療・介護で新規雇用約280万人―政府が新成長戦略の基本方針「がん早期発見に優先的に取り組む」−全国大会で長妻厚労相医療系の大学院教育検証で骨子案提示2011年度のがん対策に向けた提案書を了承2年以内に「高品質でリスクの少ないiPS細胞」作製を―文科省

鳩山首相、普天間5月決着へ「なんとしてもその状況を作りたい」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は15日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、自身が約束した「5月決着」について、「決着は決着だ。これで行こうという方向がお互いに認められた状況を指す」と述べ、米国と地元・沖縄県の双方が合意した案を発表するとの意向を改めて示した。首相公邸前で記者団に答えた。

 首相は「なんとしてもその状況を作りたいと思っている。オバマ米大統領にも強く協力を求めた」と語り、決着に向けて強い意欲を示した。

 首相は核安全保障サミットの夕食会でオバマ米大統領と約10分間、非公式に会談。5月末までに決着させる意向を表明している。

【関連記事】
「普天間」迷走で日米異常事態 国力低下必至、どうなる日本
鳩山首相は「最大の敗者」 ワシントン・ポスト紙が酷評
石破氏、日米会談で普天間進展なし批判
あまりに軽い…普天間をめぐる鳩山発言の変遷
〔みんなの意見〕“腹案”は空きっ腹だったのか?

「地球は想像以上に美しい」 山崎さんらが宇宙会見(産経新聞)
民主鹿児島県連、徳之島移設案の白紙撤回要請へ 普天間移設問題(産経新聞)
「竹島、韓国不法占拠」新年で言及しない意固地外相 国会追及、宗男氏も参戦(産経新聞)
陛下が種もみまき(時事通信)
里見2冠苦戦!?ファンとも対局…女流棋士親睦会(スポーツ報知)

エハラマサヒロ、ツイッターを始める

吉本興業所属のピン芸人、エハラマサヒロがツイッターを始めています。..... 続きはコチラ

ケイト・ウィンスレットとサム・メンデス監督が離婚へ

昨年のオスカーではこんなに幸せそうだったのに…Photo:Rex Features/アフロ 英女優ケイト・ウィンスレット(34)と夫で英映画監督のサム・メンデス(44)が、今年初めに離婚に向けて別居していたことが明らかになった。2人の弁護士が正式に声明を発表した。声明によると、「別居は双方の合意による友好的な決断で、今後も子どもたちの養育は共同で行っていく」という。ともに英レディング出身のウィンスレットとメンデス監督は2003年に結婚。2人のあいだには6歳の息子ジョーがいる。また、ウィンスレットと前夫ジム・スリープルトンの娘ミア(9)も夫妻と一緒に暮らしていた。「愛を読むひと」で第81回アカデミー主演女優賞を受賞したウィンスレットと、「アメリカン・ビューティー」で第72回アカデミー作品・監督賞を受賞したメンデスのオスカーカップルにはこれまで特に不仲の噂もなく、09年の「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」では監督と主演女優としての共同作業も行っていた。

リコール済み生ごみ処理機が発火=ヤンマー、他社製品と無償交換へ

 経済産業省は16日、ヤンマー(大阪市)がリコール(回収・無償修理)した家庭用生ごみ処理機から発火する事故が、昨年10月に長野県原村で発生したと発表した。リコール対策として製品内部に取り付けた断熱材の劣化が原因。けが人は出ていない。経産省は「対策は有効でなかった」(製品事故対策室)としており、同社は17日から他社製処理機との無償交換を開始する。 

4人組強盗、1人確保=東京・兜町の会社

 16日午前11時50分ごろ、東京都中央区日本橋兜町のビル3階にあるカード決済事務代行会社に4人組の男が押し入り、モデルガンのようなものを見せて「金を出せ」と脅迫した。男性従業員が抵抗し、男1人を取り押さえた。 3人は従業員の携帯電話2台を奪って逃走。警視庁中央署は強盗事件とみて、逃げた男の行方を追っている。 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。