So-net無料ブログ作成

鳩山首相、普天間5月決着へ「なんとしてもその状況を作りたい」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は15日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、自身が約束した「5月決着」について、「決着は決着だ。これで行こうという方向がお互いに認められた状況を指す」と述べ、米国と地元・沖縄県の双方が合意した案を発表するとの意向を改めて示した。首相公邸前で記者団に答えた。

 首相は「なんとしてもその状況を作りたいと思っている。オバマ米大統領にも強く協力を求めた」と語り、決着に向けて強い意欲を示した。

 首相は核安全保障サミットの夕食会でオバマ米大統領と約10分間、非公式に会談。5月末までに決着させる意向を表明している。

【関連記事】
「普天間」迷走で日米異常事態 国力低下必至、どうなる日本
鳩山首相は「最大の敗者」 ワシントン・ポスト紙が酷評
石破氏、日米会談で普天間進展なし批判
あまりに軽い…普天間をめぐる鳩山発言の変遷
〔みんなの意見〕“腹案”は空きっ腹だったのか?

「地球は想像以上に美しい」 山崎さんらが宇宙会見(産経新聞)
民主鹿児島県連、徳之島移設案の白紙撤回要請へ 普天間移設問題(産経新聞)
「竹島、韓国不法占拠」新年で言及しない意固地外相 国会追及、宗男氏も参戦(産経新聞)
陛下が種もみまき(時事通信)
里見2冠苦戦!?ファンとも対局…女流棋士親睦会(スポーツ報知)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。